ふるさとの朝は愛され続けて約半世紀!味噌の職人品質ふるさとの朝は愛され続けて約半世紀!味噌の職人品質

マルヱ醤油株式会社が、約1世紀もの間守り続けているのは、ただおいしいだけでなく、安心で健康によい商品をお客様へお届けすること。その信念のもと、熟練の技術者たちが原料の選別から加工・出荷時まで『マルヱ品質』を追求し味噌を造っています。

わたしがお伝えします!ふるさとの朝 味噌造りのプロ![工場長・一級みそ製造技能士]上大川 伸わたしがお伝えします!ふるさとの朝 味噌造りのプロ![工場長・一級みそ製造技能士]上大川 伸

ここがマルエ品質!1 朝、お味噌汁を飲んで、「これが健康の源だ」と思ってもらえる製品を。ここがマルエ品質!1 朝、お味噌汁を飲んで、「これが健康の源だ」と思ってもらえる製品を。

大正10年、地域の人々と手と手を取り合い創業。

マルヱ醤油株式会社の創業は、大正10年。当時は、長男坊が家業を継ぎ、次男・三男坊が離村していく時代でした。そんな状況から脱し地域に雇用を生み出そうと、在郷の造り酒屋など地域の人々が力を合わせて創ったのが、現会社の前身「江浦醤油醸造株式会社」です。それから約1世紀、当時から続く醸造技術を活かして、醤油や味噌をはじめさまざまな加工調味料などを造り続けています。

中でも、主力商品「ふるさとの朝シリーズ」の前身となる「ふるさとの味」が生まれたのは、今から約半世紀前の昭和48年。当時は全国的に麦味噌が主流だった中、「味噌は色がより淡く、甘い味わいのものを」という九州のお客様のニーズを受け、先人たちが知恵を振り絞り、色・味・香りを追求し続けてきました。そうして誕生したのが、麦こうじと米こうじを絶妙な塩梅であわせた「ふるさとの朝 あわせこうじ」です。色合いも淡くやさしい甘さに仕上がったあわせこうじは、発売と同時に好評を博し、平成15年には全国味噌品評会であわせ味噌では史上初の農林水産大臣賞を受賞。さらには消費者が選んだ味噌の特別賞にも数回選ばれています。今では、北部九州の様々なスーパーマーケットに置かれ目にしない日はないほど、九州の皆様に愛され続けている商品です。

平成15年あわせ味噌で初めて農林水産大臣賞を受賞した賞状。続けて平成16年には5度目の農林水産省総合局長賞受賞ならびに、2年連続できき味噌審査会の特別賞を受賞。

マルヱの歴史ポイント1

九州では初!のカップ詰め味噌を販売

昭和54年ごろ、当時は1kg単位の袋詰め味噌が主流でしたが、より使いやすいものをと、カップ詰めの味噌(750g)を製造・販売。九州では初の試みでしたが、発売と同時にたちまちたくさんの方から「おいしくて使いやすい!」とご好評をいただき、その後の事業拡大の大きな礎となりました。

マルヱの歴史ポイント2

ふるさとの朝のトレードマーク、「チェック」柄の由来

『ふるさとの朝シリーズ』のパッケージに使われている「チェック柄」は、実は「久留米絣(かすり)」の柄がモチーフ。昭和47年に放映が始まったマルヱみそのCMでも、「マルヱみそはほんに、おいしかもんの」と久留米のソロバン踊りの音頭にのりながら、久留米絣を着たイメージキャラクターの「マルヱちゃん」が登場しています。

マルヱちゃん

ここがマルエ品質!2 マルヱならでは!のこだわり製法ここがマルエ品質!2 マルヱならでは!のこだわり製法

こだわり1

職人の経験・目が光る上質なこうじ造り

『ふるさとの朝シリーズ』に用いられるあわせこうじは、米と麦ともに一つの麹室(こうじむろ)で寝かせ作られます。高温多湿の蒸し暑い麹室の中で、熟練の職人たちが長年の経験と目を光らせながら、米・麦の温度の違いをコントロールをしながら、上質なこうじへと育て上げるのです。

左がこうじ菌が育つ前の麦粒、右がこうじ菌がしっかりと育ち、きれいに雪化粧した麦粒です。

こだわり2

甘味・旨味を両方引き出す!「半煮半蒸し」製法

九州のお客様の声に応え「より淡く上品な色合いで、より甘いものを」と追求し取り入れたのが、この「半煮半蒸し」の大豆処理法です。全国的には「蒸す」製法が主流な中、特殊とされる製法です。大豆は、蒸すと甘味・旨味が増しますが、代わりに色が付きやすく、濃い色合いの味噌に仕上がります。そのため『ふるさとの朝シリーズ』では、煮て煮汁に色を逃がす「半分煮て半分蒸す=半煮半蒸し」法を採用。これによって手間は2倍になりますが、甘味・旨味をしっかり引き出しながら、見た目にも美しい味噌に仕上げることが可能となりました。

釜は大豆の産地ごとに使い分けられ、煮る・蒸すの工程において、それぞれ絶妙な加減で蒸気の圧力調整が行われます。

こだわり3

安心・安全の味噌を届けるために。原料はすべて国産、防腐剤・漂白剤の使用も一切なし!

安心・安全を求めるお客様の声に応えて、2008年度より、ふるさとの朝シリーズ全ての原料を国産に変更。中でも味噌の原料となる、米・麦については、九州産のものを中心に採用しています。さらに、防腐剤にいたっては、昭和54年時から一切使用しておらず、業界では一般的であった漂白剤の使用も、平成3年から全面的に使用を廃止。大豆の処理法を工夫したり、味噌が白くなるこうじ菌を厳選するなど職人たちが手間ひまをかけ、淡い色合いに仕上げています。

約半世紀のロングセラー!マルエ品質を詰め込んだふるさとの朝シリーズ約半世紀のロングセラー!マルエ品質を詰め込んだふるさとの朝シリーズ

ふるさとの朝無添加ふるさとの朝無添加

酵母が活きているから、
香り高く、コクのある味わいに

味噌の香りを決める酵母や酵素の働きを存分に引き出すよう、加熱処理をせず「生」の状態で造り上げた味噌です。さらにその名の通り、酵母の働きを弱めるアルコール(酒精)なども一切添加せず、大豆・麦・米・塩だけの原料で仕上げました。パッケージに施されたバルブ(穴)が、酵母が活きて呼吸している、「生」味噌である証拠です。

ふるさとの朝無添加ふるさとの朝あわせこうじ

九州地方では欠かせない、
やさしい味わいのあわせ

九州のお客様の「より淡く上品な色合いで、より甘いものを」という声に応えて、麦こうじと米こうじを絶妙な塩梅であわせ、こだわりの製法で造り上げたマルヱ自信のあわせ味噌です。甘味・旨味はもちろん、見た目にも美しいひと品に仕上げています。

   

ふるさとの朝米こうじふるさとの朝米こうじ

酢味噌づくりなどにぜひ。
甘口仕上げの米味噌

大豆よりも米の割合を多くし、甘さにこだわったひと品。塩分も、本州では11%〜13%程度のものが一般的ですが、こちらは10.5%程度と控えめに仕上げました。豚汁・からし酢味噌・酢味噌を作る際にぜひおすすめの味噌です。

   

ふるさとの朝米こうじふるさとの朝米こうじ

健康に気遣いながら
美味しくいただきたい方に

より減塩にこだわり、15%もの塩分をカットしました。塩分は抑えながらも、旨味・香り・色合いを存分に楽しんでいただけるよう、あわせ味噌に近い配合で作り上げました。美味しく健康管理したい方にぜひおすすめの味噌です。