知られざる!美ソ知られざる!美ソ

「医者に金を払うよりも、味噌屋に払え」江戸時代から伝わることわざのように、味噌にはさまざまな健康効果が認められています。さらに最近では、その高い栄養価からアンチエイジング、美白など美容効果まで認められており、現代の“スーパーフード”として注目を集める食品なのです。ここでは、そんな味噌の知られざる健康&美容パワーをご紹介いたします!

健康の美ソ1 生命維持に欠かせない栄養成分がぎっしり!健康の美ソ1 生命維持に欠かせない栄養成分がぎっしり!

大豆製品の中でも群を抜く、栄養価の高さ!

味噌の主成分である大豆は、“畑の肉”と呼ばれるほどタンパク質(アミノ酸)が豊富ですが、その大豆を発酵させた味噌は、栄養的にさらに優れたものとして知られています。なぜなら、発酵によって大豆にはない、またはあっても少量のアミノ酸やビタミン類がより多く作られるため。中でもアミノ酸については、発酵熟成によって生命維持に欠かせない必須アミノ酸8種がすべて作られることが分かっています。
そのほかにも、味噌には炭水化物や脂質、ビタミンやカリウム、マグネシウム、繊維質など、たくさんの栄養素が含まれています。1つの食品でこれほど多くの栄養素を含むものは、他に例がありません。

たんぱく質(g/100g)ビタミンB2(mg/100g)ビタミンE(mg/100g)食物繊維(g/100g)たんぱく質(g/100g)ビタミンB2(mg/100g)ビタミンE(mg/100g)食物繊維(g/100g)

味噌の効用に関する研究や論文

味噌の健康効果や機能性を明らかにした論文は、以下のように数多く発表されています!

①みそはがんのリスクを下げる
  • 1日3杯以上のみそ汁で乳がんの発生率が40%減少(厚生労働省研究班 2003年)
  • 喫煙者が毎日みそ汁を飲むと死亡率は低下する(国立がんセンター・故平山雄博士 1981年)
②みそは生活習慣病のリスクを下げる
  • みそは脳卒中、痴呆症※、心臓疾患などの発症を低下させる(大妻女子大学・青木宏教授 1994年)
    ※厚生労働省は、痴呆にかわる用語に関する検討会を設け、平成16年12月24日に呼称変更の採択がなされ、行政用語が認知症に改められました。
  • 糖尿病の改善が期待される、みその褐色色素。(女子栄養大学・五明紀春教授 1999年)
③その他の研究
  • みそには血圧低下作用をもつ物質がある(食品総合研究所・河村幸雄室長 1993年)
  • みそには美白効果がある(食品総合研究所・新本洋士主任研究官 1997年)

健康の美ソ2 アンチエイジング・ダイエット・美白効果まで!健康の美ソ2 アンチエイジング・ダイエット・美白効果まで!

味噌は女性の美を支える心強い味方!

女性の大敵である老化やシミ、ダイエットのお悩み。実は味噌には、これら美容のお悩みをすべて解決してくれる働きが認められています。まず、味噌に含まれるビタミンEやメラノイジンなどの抗酸化物質は、老化の原因である活性酸素の除去に大変優れています。さらに、そのメラノイジンには腸内の善玉菌を増やす働きもあり、便秘解消にとっても効果的! 同じく味噌に含まれる、酵素や食物繊維の働きと相まって、腸内環境をスッキリと整えてくれます。また、味噌の主成分である遊離リノール酸には、シミの原因であるメラニンの生成を抑える働きが。昔から味噌を造る人の手は白くすべすべしていると言われますが、それはこの成分のおかげだと考えられています。

老化の原因・活性酸素を除去するビタミンE&メラノイジン 腸内環境を整え、便秘を解消!酵素&食物繊維  シミの原因メラニンの生成を抑える 遊離リノール酸老化の原因・活性酸素を除去するビタミンE&メラノイジン 腸内環境を整え、便秘を解消!酵素&食物繊維  シミの原因メラニンの生成を抑える 遊離リノール酸

健康の美ソ3 健康・美容効果を高める味噌の摂り方健康の美ソ3 健康・美容効果を高める味噌の摂り方

味噌の栄養を日常的に摂るなら、やっぱり「味噌汁」!

味噌を使った料理は数多くありますが、健康・美容の効果を実感するなら、ぜひ味噌汁がおすすめ。昔から私たちの暮らしに根付いた食べ方であるだけでなく、さまざまな具材を併せて食べられるのも味噌汁の魅力です。

健康・美容の目的に合わせて、
味噌汁の具を変えてみよう!

味噌の健康効果や機能性を明らかにした論文は、以下のように数多く発表されています!

●便秘解消には、
食物繊維を豊富に含む具材がおすすめ!

大豆の繊維質が腸を掃除し、微生物が腸内の腐敗菌や有害物を外に出してくれる!

おすすめの具材例…さつまいも・ごぼう・きのこ類・海藻類

●疲労回復には、
血液サラサラ効果のある食材がおすすめ!

味噌に含まれるビタミンB12は、造血作用や神経の疲労回復にとっても効果的!

おすすめの具材例…たまねぎ・豆腐・豚肉

●お子様の成長サポートには、
脳を活性化させるタンパク質がおすすめ!

味噌の含有成分・レシチンには、脳の神経伝達物質であり頭の回転に欠かせないコリンが豊富!

おすすめの具材例…納豆・卵・ごま・しじみ